typical class

♪典型的なクラスの一日

リリーと私は9週間のコースを存分に楽しみました。クラスは毎回、子どもたち一人一人の名前を呼ぶハローソングで始まりました。リリーと私は、リリーの名前が歌われるのを聞くのが大好きでした。次に、歌やチャンツを歌いながら、子どもをひざの上で弾ませました。それから立ち上がって、跳んだり、くるくる回ったり、くねくねしたりしながら、部屋中を動き回りました。もう一度床に座り、スティックでトントン、ドンドンたたいたり、色とりどりの卵形マラカスを振ったり、赤い共鳴ベルを鳴らしたりしました。

クラスの始めから終わりまで、私たちは体と声を使って音楽を奏でました。リリーは好きなときに自由に参加していました。私の膝の上に座っているだけでも、窓の外を見ていても、室内をうろうろ歩いていてもよかったのです。私がしなければならないのは、先生の指示に従うことと、クラスを楽しむことだけでした。やれやれ!一度もソロで歌わずにすみました!45分間はあっという間に過ぎていきました。もう、終わりのララバイ(子守唄)とグッバイソングの時間なの、と思うほどでした。

クラスの後は、新しくできたお友達とランチに行きました。(歌って踊って動き回ると、お腹が空くのです!)先生は、よく、子どもを音楽に触れさせることの効果について、また、私たちの子どもたちの音楽性がどのように発達しているかについて、話してくださいました。このようなお話はとても興味深かったのですが、私は実生活での効果の方に、より感心させられました。たとえば、MTの歌のCDをかけると、ドライブが楽になるのです。MTの歌を歌うと、リリーは大抵そちらに気を取られて、自分がチャイルドシートに座らされていることを忘れてしまう、ということがわかりました! MTの音楽をかけているかぎり、車でどこへでも出かけることができました。実は、私自身もリリーと同じくらい音楽を楽しんでいることに気づきました。時々、自分ひとりでドライブしているときでも、MTの歌を口ずさんでいました。おおむね、Music Together は、とても楽しかったです。
進む

ご質問・お問合せ

Share by: