our music

The Music of "Music Together"

各コレクションには西欧のみならず世界中から集められた歌やチャンツ、マザーグースそしてMTのオリジナル曲など、豊かなセレクションが収められています。MTのアレンジは様々な拍子や調を用い、あなたとお子さんに楽しい、そして豊かな音楽体験を提供します。使用する音楽は楽しくて親しみやすく、しかも洗練されているので、年齢や音楽経験の多少に関わらず、すべての方が学び,楽しむ事ができるのです。9回の各期のコレクションおよび3回の夏のコレクションに2つのベイビー向けコレクションに200曲以上の歌やチャンツが収められています。

参加してくださっているご家族の方からMTと日本における幼児向け音楽教室との大きな違いについて次のような指摘をいただいています。まず、お子さんに自由にさせるという私たちのティーチング・スタイルは同時にお子さん自身がみずから学ぶ事ができること。また最大の違いは私たちのカリキュラムに使用する楽曲の拍子や調の種類の多さもあげられます。もちろん、一般的な長調や短調も使用しますが、ドリアン音階、ミクソリディアン音階、エオリアン(短調の中の自然短音階)と言った聞き慣れない調も使用します。拍子もDuple (2拍子)やTriple(3拍子)を主に用いますが、Ununsual(変拍子)を含む曲も幾つかあります。
Our Music

MTの創始者、ケン・ギルマーティン作曲の素敵なダンス曲 Mix It Up を聴いてみましょう。ソングブックにはこう添えられています。「このロックンロール曲を聴くと、足は踊りたくなるし、手はあちこちドラムのように叩きたくなる。」この曲の音楽的特徴は調が「G ミクソリディアン」であることです。
  • 通常の「G メジャー」は、全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音と言う音階でファの♯を使いますが、「Gミクソリディアン」は、全・全・半・全・全・半・全音という音階なのでファのナチュラルになります。
またこの歌は誰でも思わずコーラス部分の「バン、バン」というところをハモりたくなってしまいます。いつのまにか身体を動かしたり、口ずさんだりしてしまう、素敵な曲です。

Sticks Collection - "Mix It Up!"

Sticks Collection - "Spin and Stop"

次にご紹介するのは3拍子ドリアン音階の Spin and Stop です。これは子供達がいつも簡単に覚えて、すぐ歌えるようになる人気の歌です。一見とてもシンプルに見えるこの曲はMTのもう一人の創始者Lili Levinowitzの手によるものです。この歌は小さな動きだけでなく大きな動きをつけることができます。子供達は歌に合わせて指遊びするところから始め、最後には身体全体を使ってぐるぐる回るのが大好きです!私たち親は目が回ってしまうくらいですが、幼い子供達はまだ内耳のバランスを感じる部分が未発達なため、ぐるぐるまわっても平気なのです。このぐるぐる回りが幼児のバランス感覚の発達を刺激するということをご存知でしたか?

MTのソングコレクションには世界中から集められた様々な楽曲が揃っています。例えばアイリッシュのダンス曲、イスラエルのお祝いの歌、スペインの座って歌う歌等々。
お母様の声: 「私自身CD教材の音楽が気に入りました。
いろいろな国の子守唄やジャズなどは大人が聴いても楽しめるものばかり。
車の中で聴いたり、CDにあわせてハミングしたりなど、音楽に親しめた事は忙しい毎日の生活の中でリラックスしてなごめるひとときでした。」
先程の Mix It Up Spin and Stop は典型的なMTの「歌詞のない歌」です。このような「バン」とか「ラ、ラ」といった意味を持たない音節の繰り返しを歌詞のかわりに歌います。このことにより、歌詞を間違えるかもしれないという心配から解放され、子供だけでなく大人もその歌のメロディやリズムにより集中することができるからです。

とはいえ、MTにはもちろんたくさんの歌詞のある歌やチャンツがあり、その歌詞は子供達を喜ばせたり、想像力をかきたてたりしています。次はチャンツ Splishing and Splashing をみてみましょう。この歌は水たまりやお風呂で水をバシャバシャするストーリーになっていますが、歌いながら子供達は2拍子と3拍子の両方に触れることがます。この二つの拍子をひとつの歌の中で歌う事により、二つの拍子の作り出すコントラストがよりくっきりと浮かび上がります。2歳の子供に拍子の概念を知識としてを理解させるのは難しいですが、彼らはこの違いをちゃんと感じて、身体でリズムを正確にとろうとしています。親御さんにとって、このような発達について気づくことは喜ばしい事ですし、また子供達にとっては純粋に楽しいことなのです。なぜならMTは、幼い子供達が遊びの中から学ぶのが一番だと言う事を知っているからです。

Bells Collection - "Splishing & Splashing"

Bells Collection - "Two Little Kitty Cats"

Two Little Kitty Cats という歌は遊びを創りだす事を奨励しています。このマイナー(短調)の曲は2匹の怠け者のネコが芝生で急に走り回りたくなる、というストーリーを歌っています。子供達はこのネコになりきるのが大好きで、ぴょんぴょん跳ねたり、部屋の中を飛び上がって走り出したりして楽しむのです。この歌の終わりにはMTの特徴のひとつであるトーナルパターンが添えられています。これは2個から4個の音でフレーズを作り、「ミャゥ、ミャゥ」の言葉にあわせ、この歌の特徴的な音程の組み合わせで始まり、続いてそれに対照的な音程の繰り合わせ、そして最後にカデンツ(終止形…楽曲の終わりの特有な和音構造)で終わります。

このようなトーナルパターンは発話における単語のようなものと言えるでしょう。子供ははじめから文章のかたちでお話しする事はありません。彼らはことばの一部や単語を話す事から始めます。音楽を学ぶ過程にも同じ事を見る事ができるのです。

お母様の声:「子供も親自身も楽しむことができる、とてもよい音楽を使っていると思います。」
"Mix It Up," "Spin and Stop" ©1989 Music Together LLC. 
"Splishing and Splashing," "Two Little Kitty Cats" ©1990 Music Together LLC.
All rights reserved. Sound clips used by permission of the copyright holder. 
Share by: